RECRUIT SPECIAL SITE
フリーダイヤル 092-263-0060

受付時間09:00〜17:30(平日)

RECRUIT TEL

日本ビルケアの特許工法
CONSTRUCTION METHOD

日本ビルケアでは、様々なビル・建物のビルメンテナンスを実施する上で、
固有の特許工法をはじめ、最適な工法を用い施工を進めてまいります。
ビル・建物のプロフェッショナルとして、外壁改修工事に必要最適化したご提案・施工を行なってまいります。

石張外壁補修工法・
象嵌ピン止め工法【特許工法】

石張外壁補修工法・象嵌ピン止め工法は日本ビルケアが開発した当社固有の特許工法です。
1993年、ランディック大手町ビル(旧長銀本店ビル)のリニューアル工事で、計画時に採用予定だった在来工法の問題点を解消するために開発した工法です。
(在来工法:石張り表面に座繰りを施し、内部でボルト留めして埋め戻す工法。座繰り埋め戻し部が経年劣化でポップアウトするほか、埋め戻し材の調合が難しく標準化が難しい。)

工法の特徴

経年による欠落およびポップアウト不良への信頼性が高い

一体成型既製ピンであるため品質が安定して標準化されている

施工方法が比較的安易で熟練が不要

施工工数が少なく、数量がまとまれば単価は下がる

作業手順

 

1.調査・位置決定

①打診および目視調査を実施。
②花崗岩の浮きやひび割れを確認。
→処置部を決定。

 

2.象眼化粧部穿孔

外径12mmのピン象眼化粧部をダイヤモンドコアを使用して穿孔座繰する。

 

3.定着ピン部穿孔

外径8mmのピン定着孔をダイヤモンドコアを使用して穿孔する。躯体コンクリートへの定着は35mm程度とする。

 

4.マスキング養生

後に実施するエポキシ樹脂接着剤の余剰分により石表面を養生するため、マスキング材を予め塗布しておく。

 

5.接着樹脂材注入

①接着剤を予め着色する。
②孔内清掃後、エポキシ樹脂接着剤を奥の方から定量注入する。

 

6.象眼ピン挿入

外径8mmのピン定着孔をダイヤモンドコアを使用して穿孔する。躯体コンクリートへの定着は35mm程度とする。

 

7.清掃・完了

①象眼ピン挿入後、マスキング養生材を剥取撤去を行う。
②周辺に汚した部分があれば、拭き取り清掃を行う。