RECRUIT SPECIAL SITE
フリーダイヤル 092-263-0060

受付時間09:00〜17:30(平日)

RECRUIT TEL

日本ビルケアの特許工法
CONSTRUCTION METHOD

日本ビルケアでは、様々なビル・建物のビルメンテナンスを実施する上で、
固有の特許工法をはじめ、最適な工法を用い施工を進めてまいります。
ビル・建物のプロフェッショナルとして、外壁改修工事に必要最適化したご提案・施工を行なってまいります。

メタルメンテナンス
AFC(アルミファインコート)工法

メタル外装材は、年月を重ねるごとに汚れと劣化が進行し、徐々に建物の外観を損ねていきます。特に都市圏では、大気汚染など環境悪化の影響を受けやすく、メタル表面に付着した汚染物質は雨水などで固着していきます。
汚れが固着した金属は、表層から深層へと劣化が進行し、外装材の寿命を縮めるだけでなく、建物の資産価値を著しく低下させます。このような状況から建物を守り、メタル外装材の耐久性を維持しいつまでも美しくあるための修復・維持技術は、今後のメタルカーテンウォール保全に不可欠な基本技術です。

AFC(アルミファインコート)工法は、再生磨き工法に準ずる素地面磨き出し技術により、経年により劣化・減耗したアルミ表面の保護クリアーを復元させる工法です。クリアー塗装のない陽極酸化皮膜仕上げパネルの場合でも、複合皮膜化による耐候性向上や、カラークリアーを使用することにより外観の風合いに変化を付けることが可能になります。

工法の特徴

複合皮膜化で耐候性を向上

カラークリアーの使用で外観に変化を付けることが可能

作業手順(複合皮膜仕上で既存クリアーが劣化している場合)

減耗かつ汚れてしまった複合皮膜

有機クリアーごと汚れを除去

新規に有機クリアー層を塗装